【小学生】スマイルゼミとチャレンジタッチどっちを選ぶ?人気のタブレット学習を比較

この記事は、アフィリエイト広告を含みます。

小学生向けのタブレット学習で人気の『スマイルゼミ』と『チャレンジタッチ』。

どちらもお子さんからの人気が高く、教材の質も良いです。

そのため、「どっちを受講しよう…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、スマイルゼミとチャレンジタッチの基本情報を比較するとともに、選ぶ際に注目してもらいたいポイントもお伝えします。

この記事を読んで、ぜひ、お子さんに合う方の教材を選んでくださいね。

目次

【スマイルゼミとチャレンジタッチ】比較まとめ表

小学1~6年生対象
年齢
小学1~6年生
専用タブレット教材専用タブレット・紙
1・2年生
国語・算数・英語・プログラミング
教科1・2年生
国語・算数・英語・プログラミング
3~6年生
国語・算数・英語・
理科・社会・プログラミング
3~6年生
国語・算数・英語・
理科・社会・プログラミング
3,278円/月~料金
(税込)
1,750円/月~
(キャンペーン価格)
標準クラス
発展クラス
クラス標準コース
挑戦コース
あり
(実際の専用タブレット)
無料お試しあり
(WEB上の無料体験教材)

スマイルゼミとチャレンジタッチは、どちらも人気の高い通信教育です。

どちらも優れた教材のため、どっちを選ぼうか迷ってしまいますよね。

教材を選ぶ時の一番大切なポイントは、『お子さんと教材の相性』です。

記事を読みながら、どちらの教材がお子さんに合うかチェックしてみてくださいね。

【スマイルゼミとチャレンジタッチ】おすすめの人は?

【スマイルゼミ】

  • 実際の教材を使ってから決めたい人
  • すべての学習をタブレット1台で完結したい人
  • 学習習慣を身につけたい人

スマイルゼミには、実際の教材をお試しできる「お試し入会」と「体験会」があります。

お子さんと教材の相性を確かめるためには、実際の教材を使ってみることが一番です。

自宅でお試ししたい方は「お試し入会」を、外出先でお試ししたい方は「体験会」を活用してみてくださいね。


【チャレンジタッチ】

  • タブレット教材の両方で学習したい人
  • 個別添削指導を受けたい人
  • 多彩なオプション講座を選択したい人

チャレンジタッチでは、毎月「赤ペン先生」からの個別添削指導を受けられます。

一人ひとりの解答に合わせて、丁寧なアドバイスをもらえるのが魅力です。

赤ペン先生とのやり取りは、すべてタブレット内で行われます。

添削された答案は、最短翌日~約3日で返却されるため、記憶が新しいうちに見直しができます。

【スマイルゼミとチャレンジタッチ】基本情報

小学1~6年生対象
年齢
小学1~6年生
専用タブレット教材専用タブレット・紙
1・2年生
国語・算数・英語・プログラミング
教科1・2年生
国語・算数・英語・プログラミング
3~6年生
国語・算数・英語・
理科・社会・プログラミング
3~6年生
国語・算数・英語・
理科・社会・プログラミング
3,278円/月~料金
(税込)
1,750円/月~
(キャンペーン価格)
標準クラス
発展クラス
クラス標準コース
挑戦コース
あり
(実際の専用タブレット)
無料お試しあり
(WEB上の無料体験教材)

『スマイルゼミ』と『チャレンジタッチ』では、国語・算数・英語・理科・社会・プログラミングの教科・講座を学習できます。

スマイルゼミは、1台のタブレットですべての学習が完結する完全タブレット学習です。

一方で、チャレンジタッチは、紙教材も使用するタブレット中心の学習教材です。

チャレンジタッチはあとから、紙中心の学習教材「チャレンジ」に変更することもできます。

スマイルゼミとチャレンジタッチの料金を比較すると、チャレンジタッチの方が低価格になっています。

しかし、スマイルゼミには、継続年数に応じて受講費が割引される継続割引があります。

この継続割引は、中学生になっても適用されるため、長く受講するとスマイルゼミの方が安くなる場合もあります。

【スマイルゼミとチャレンジタッチ】選ぶときのポイント5つ

3,278円/月~料金1,750円/月~
(キャンペーン価格)
鉛筆のような書き心地
三角ペン
タブレット

タッチペン
紙のような書き心地
丸いペン
シンプル学習スタイル個別添削指導
約10~20分/日学習量【1・2年生】約10分/日
【3~6年生】約15分/日
あり
(実際の専用タブレット)
無料お試しあり
(WEB上の無料体験教材)

ここからは、スマイルゼミとチャレンジタッチを選ぶときに注目したい5つのポイントを比較していきます。

  • 料金
  • タブレット&タッチペン
  • 学習スタイル
  • 学習量
  • 無料お試し

どのポイントも、教材を選ぶうえで重要なポイントです。

ぜひ、より良い教材選びのために役立ててくださいね。

1. 料金|チャレンジタッチの方がコスパ良し!

スマイルゼミとチャレンジタッチの料金を比較すると、チャレンジタッチの方が低価格で受講することができます。

以下では、スマイルゼミとチャレンジタッチの受講費・タブレット代・タブレット補償について詳しくみていきます。


標準クラス
受講費
(税込)
(5月~3月)
3,278円/月~
1年生(4月号)
1,750円/月~
(5~3月号)
3,250円~
(5月~3月)
3,520円/月~
2年生(4月号)
990円~
(5~3月号)
3,490円~
(5月~3月)
4,180円/月~
3年生(4月号)
1,960円~
(5~3月号)
4,460円~
(5月~3月)
4,840円/月~
4年生(4月号)
2,480円~
(5~3月号)
4,980円~
(5月~3月)
5,720円/月~
5年生(4月号)
3,480円~
(5~3月号)
5,980円~
(5月~3月)
6,270円/月~
6年生(4月号)
3,870円~
(5~3月号)
6,370円~

スマイルゼミとチャレンジタッチの受講費を比較すると、チャレンジタッチの方が安くなっています。

支払い方法は、どちらも12か月払い・6か月払い・毎月払いがあり、12か月払いが一番安いです。

しかし、2年目以降、スマイルゼミでは継続割引が適用されるようになります。

【スマイルゼミ継続割引】

出典:スマイルゼミ

継続年数が長くなるほど、割引額も増えるようになっているため、受講する年数やコースによっては、スマイルゼミの方がお得になるかもしれません。

また、スマイルゼミとチャレンジタッチには、発展的な内容を学習する「発展クラス(スマイルゼミ)」「挑戦コース(チャレンジタッチ)」があります。

スマイルゼミでは発展クラスを受講する場合、受講費が月々550円~プラスされます。

一方で、チャレンジタッチの場合は、挑戦コースを選んでも追加料金はかかりません

チャレンジタッチでは教科ごとに、標準コースか挑戦コースかも選択できるため、発展的な内容を学習したい場合は、チャレンジタッチの方がおすすめです。

(一括払い)
10,978円
(毎月払い)
1,078円
タブレット代
(税込)
(6ヶ月未満)
8,300円
(6ヶ月以上)
0円
3,960円/年タブレット補償
(税込)
(1年払い)
2,400円
→月々200円
(6ヶ月払い)
1,350円
→月々225円
(12ヶ月払い)
240円/月

専用タブレット代や、専用タブレットを補償するサービスを比較しても、チャレンジタッチの方が安い結果となりました。

そのため、料金を抑えつつ、お子さんの学力向上を目指す場合は『チャレンジタッチ』の方がおすすめです。

\チャレンジタッチの公式サイトはこちらから/

2. タブレット&タッチペン|スマイルゼミは正しく持てる三角ペン

スマイルゼミ

【スマイルゼミの特長】

  • 手をついて書ける
  • 鉛筆のような書き心地
  • 正しい持ち方で書ける三角ペン

スマイルゼミのタブレットは、ペンを持った手が画面についても反応しないようになっています。

手をついて書くと安定して文字が書けるため、勉強もはかどります。

また、スマイルゼミのペンは、三角の形をしています。

三角の形は、はじめての鉛筆で選ばれることも多く、正しい持ち方が身につきやすいです。

鉛筆のような書き心地で、『書く学習』にもピッタリです。

\スマイルゼミ公式はこちらから/

チャレンジタッチ

【チャレンジタッチの特長】

  • 手をついて書ける(利き手対応)
  • 紙のようななめらかな書き心地
  • ブルーライトカットで目を守る

チャレンジタッチのタブレットも、スマイルゼミ同様、手をついて書くことができます。

利き手対応しているため、右利き・左利きに関わらずストレスなく学習を進められます。

ほかにも、目の負担を減らすため、ブルーライトカットや30分ごとに休憩を知らせるサポート付きです。

チャレンジタッチは、お子さんが安全に学習できるような機能が充実しています。

\チャレンジタッチ公式はこちらから/

3. 学習スタイル|チャレンジタッチは個別添削指導あり

教科書準拠
(標準クラス)
学習のレベル教科書準拠
(標準コース)
なし個別添削指導あり
なしオンライン授業あり

スマイルゼミとチャレンジタッチの学習スタイルの大きな違いは、個別添削指導オンライン授業の有無です。

チャレンジタッチには個別添削指導とオンライン授業がありますが、スマイルゼミにはありません。

チャレンジタッチの個別添削指導は、毎月赤ペン先生によって行われ、個別に丁寧なアドバイスがもらえます。

また、オンライン授業では、苦手になりやすいポイントを丁寧に解説するため、学習のつまづき対策にもなります。

より丁寧な指導を受けたい場合はチャレンジタッチを、シンプルに学習を進めたい場合はスマイルゼミがおすすめです。

4. 学習量|どちらも1日15分程度

約10~20分学習量
1日あたり)
約10~15分

スマイルゼミとチャレンジタッチの学習量は、講座の内容や学年によって個人差はありますが、どちらも1日15分くらいが目安です。

短い時間で区切り良く学習できるため、朝登校する前や、帰宅後のちょっとした時間などに学習できます。

また、スマイルゼミとチャレンジタッチのどちらも、タブレット内に「今日やるべき講座」をおすすめする機能があります。

最適な学習の提案で、「今日は何をやればいいんだろう…」と悩む時間もなく、スムーズに学習をはじめらます。

5. 無料お試し|スマイルゼミはお試し入会で全額返金保証

あり
(実際の専用タブレット)
無料お試しあり
(WEB上の無料体験教材)

通信教育を受講するにあたり「お子さんと教材の相性」はとても重要なポイントです。

どんなに優れた教材でもお子さんとの相性が悪ければ、続けられません。

そこでおすすめなのが、はじめに実際の教材を体験することです。

スマイルゼミでは、「お試し入会」すると約2週間、実際の講座を体験できます。

自宅に専用タブレットが届き、すぐに学習をはじめられます。

お試し入会後は、そのまま続けて契約することも可能ですし、解約することもできます。

解約する場合、お試し期間内に専用タブレットを返却すると、支払った分が全額戻ってくる「全額返金保証」付きです。

ただし、返却時にかかる送料は受講者負担です。

お試し入会のほかにも、全国各地で行われている「体験会」に参加すると、実際の専用タブレットを操作できます。

体験会では、参加者特典として、専用タブレットの補償サービスが1年間無料になる特典付きです。

無料の資料請求をすると講座の詳しい内容や、体験会の案内などが届きます。

\お試し入会や無料の資料請求はこちらから/

チャレンジタッチでは、スマホやタブレットを使って、WEB上で簡単な教材体験ができます。

いつでも簡単に体験できるため、入会前に一度試してみてくださいね。

\WEB体験や無料の資料請求はコチラから/

【スマイルゼミとチャレンジタッチ】気になる独自の項目を比較

上記で紹介したポイントのほかにも、紹介したい5つの項目があります。

  • 有料オプション講座
  • 学年を超えた学習
  • ゲーム・ごほうび
  • 保護者サポート
  • 電子書籍読み放題

スマイルゼミとチャレンジタッチについて、もっとよく知りたいという方は、ぜひご覧ください。

1. 有料オプション講座

【英語プレミアム】
HOPコース
STEPコース
英検対策コース
有料オプション講座プログラミング講座
考える力・プラス講座
作文・表現力講座
キケン!はっけん講座
かがく組
オンラインスピーキング
漢字計算くりかえしドリル

スマイルゼミのオプション講座は、英語学習が中心です。

HOP・STEPコースは「月額748円(税込)~」、英検対策コースは「月額3,278円(税込)~」はじめられます。

スマイルゼミのオプションは講座は、オプション講座だけを受講することはできないため、スマイルゼミの標準クラスまたは発展クラスも受講することになります。

英語の学力をさらに伸ばしたい子や、英検合格を目指す子におすすめの講座です。

一方で、チャレンジタッチのオプション講座は、豊富なジャンルがそろっています。

漢字・計算・英語のほかにも、表現力や思考力を伸ばす講座もあります。

また、チャレンジタッチの場合は、オプション講座のみの受講も可能です。

お子さんの興味がある講座を、ぜひ受講してみてくださいね。

2. 学年を超えた学習

スマイルゼミとチャレンジタッチでは、どちらも学年を超えて学習できる「無学年学習」を取り入れています。

どちらも追加料金はなしです。

スマイルゼミでは、「小学1年生~中学3年生」までの国語・算数・数学が対象科目となっています。

一方で、チャレンジタッチでは、「小学1~6年生」までの国語・算数が対象科目です。

どちらもお子さんに合った最適な問題が出されるため、学力向上につながります。

3. ゲーム・ごほうび

スマイルゼミとチャレンジタッチでは、お子さんの学習継続のため、勉強を頑張った分楽しめるゲームごほうびが用意されています。

目標や目的があると、お子さんもモチベーションを維持しやすいですよね。

ゲームやごほうびの他にも、スマイルゼミとチャレンジタッチには、お子さんがモチベーションを維持するための工夫がたくさんあります。

お子さんが学習を続けられるか心配という方にも、おすすめの通信教材です。

4. 保護者サポート

みまもるネット保護者サポートおうえんネット

スマイルゼミの『みまもるネット』とチャレンジタッチの『おうえんネット』は、保護者の方がお子さんの学習状況を把握できるサービスです。

その日の学習時間や学習進度など、あらゆる角度からお子さんの学習状況を把握できるため、「なかなか子どもの勉強を見る時間がない」という方にもおすすめです。

また、スマイルゼミには、「みまもるトーク」という専用アプリがあります。

家族専用のアプリで、お子さんから直接今日やった学習内容が送られてきます。

このみまもるトークで、1ヶ月のうち8日以上声かけされている子は、そうでない子に比べて、約1.57倍学習に取り組んでいるという結果も出ています。

お子さんのモチベーションを維持するためにも、保護者サポートを上手く活用して、お子さんに声かけをしてみてくださいね。

5. 電子書籍読み放題

チャレンジタッチに入会すると追加料金なしで、電子書籍約1,000冊が読み放題の『まなびライブラリー』を利用できます。

本を読むことは、知的好奇心や教養を育むことにもつながるため、お子さんの成長には欠かせません。

電子書籍のため貸出中で読めないということもないですし、定期的に新しい本が入るためいつでも読みたい本に出会えます。

また、まなびライブラリーは、スマホやタブレットから利用可能です。

外出時やちょっとした息抜きの時間にも読めるため、チャレンジタッチに入会したらぜひ利用してみてくださいね。

まとめ|迷ったら無料体験&資料請求

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、スマイルゼミとチャレンジタッチのタブレット学習について比較しました。

どちらも教科書準拠の学習を基本とし、+αでさまざまなことを学べます。

それぞれの教材で特長が異なるため、お子さんに合った方を選んでくださいね。

この記事を読んで「無料で試してみたい!」「もっと詳しく知りたい!」と思った方は、下記からお試し入会の申し込みや無料の資料請求ができます。

ぜひ、お気軽にお子さんと教材の相性をチェックしてみてくださいね。

ゆゆゆ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次