【はじめて】幼児用の鉛筆おすすめ4選!選ぶときの3つのポイントも解説

この記事は、アフィリエイト広告を含みます。

絵を描くときや、家庭学習をするときに必要な鉛筆

家にあったものを子どもに渡して、「あれ?書きにくそう」と思った経験はありませんか?

小さな子にとって、一般的に使われている鉛筆はまだまだ使いにくいもの。

それでは、はじめて使う鉛筆はどのようなものがよいのでしょうか。

この記事では、小さな子でも使いやすいおすすめの幼児用鉛筆を紹介します。

目次

はじめての鉛筆「3つのポイント」とは?

はじめての鉛筆を選ぶとき、注目してほしいポイントは3つです。

  • 芯の硬さ:「6B」または「4B」
  • 軸の形状:握ぎりやすい「三角軸」
  • 長さ:持ちやすい「短め」

芯の硬さ

芯の硬さは、「6B」や「4B」がおすすめです。

芯が太く柔らかいのが特徴で、筆圧が弱い小さな子でも、はっきりとした線を書けます。

鉛筆でよく聞く「H」「B」「F」は、芯の濃さと硬さを表すものです。

「H」=「Hard(硬い)」
「B」=「Black(黒い)」
「F」=「Firm(しっかりした)」
「H」の前につく数が大きいほど、色が薄く芯は硬くなります。

「B」の前につく数が大きいほど、色が濃く芯は柔らかくなります。

「F」は、「H」と「B」の間の濃さと硬さです。

「4B」や「6B」は、小学生が使うことの多い「2B」や「B」、一般的に使われることが多い「HB」よりも色が薄く芯が硬いことになります。

年齢が上がると筆圧が強くなり、コントロールも上手くなるため、色が薄く硬い芯でも上手く書けるようになります。

子どもの成長合わせて、適した鉛筆を選ぶようにしましょう。

軸の形状

軸の形状は、「三角軸」がおすすめです。

おすすめの理由は、以下の2つです。

  • 自然と正しい持ち方ができる
  • 指が滑らず固定できる

三角軸の鉛筆は、面の数と、鉛筆を持つ指の数が一致します。

そのため、鉛筆の3面に対し、親指・人差し指・中指の3本の指を当てると、自然と正しい持ち方になります。

ねず
ゆゆゆ

私も子どもに教えるとき、三角軸だと教えやすかったです。

また、三角軸は、一般的な六角軸に比べて指の当たる面積が広くなります。

面積が広いと指が滑らず握りやすいため、結果的に線がブレにくくなります。

はじめての鉛筆では、上手に書くことよりも「正しい持ち方」を覚えることが大切です。

三角軸の鉛筆を使って、正しい持ち方をマスターしましょう。

長さ

長さは、「短め」がおすすめです。

鉛筆は、JIS規格で172mm以上と定められています。

この長さは、大人の手のひらのつけねから、中指の先までの長さを参考にしたといわれています。

そのため、小さな子にとって一般的な鉛筆は、少し長く感じられます。

長いと持ちにくいため、小さな子には短めの鉛筆を選びましょう。

幼児用鉛筆まとめ

鉛筆 おすすめポイント 芯の硬さ 軸の形状 長さ
鉛筆の面に「お父さんお母さんお兄さん」の絵が描かれている 6B 三角軸 127mm
鉛筆の面を「カラーユニバーサルデザイン」で色分けしている 6B 三角軸 130mm
専用の「もちかたサポーター」がある(別売) 6B 三角軸 120mm
鉛筆に「しまじろう」が描いてある 6B 三角軸 150mm

幼児用鉛筆おすすめ4選!

トンボ鉛筆「Yo-i おけいこセット」

  • 芯の硬さ:6B
  • 軸の形状:三角軸
  • 長さ:127mm

おすすめポイントは、鉛筆の面に「お父さん・お母さん・お兄さん」の絵が描かれているところです。

お父さんが描かれている面には、お父さん指(親指)を合わせます。

お母さんが描かれている面には、お母さん指(人差し指)を、お兄さんが描かれている面には、お兄さん指(中指)を合わせます。

そうすると、正しく鉛筆を持つことができます。

ねず
ゆゆゆ

「どこをどう持って…」と、子どもにわかりやすく説明するのって意外と難しいですよね。

この鉛筆は、子どもにわかりやすく持ち方を教えられます。

さらに、子どもが自分で持つときも、絵を確認しながら持てるためおすすめです。

学研ステイフル「さんかくえんぴつ」

  • 芯の硬さ:6B
  • 軸の形状:三角軸
  • 長さ:130mm

おすすめポイントは、鉛筆の面ごとに色分けをしているところです。

この色分けには、「カラーユニバーサルデザイン」が採用されています。

さまざまな色覚の違いに配慮されたデザインで、多くの人にとって判別しやすい色が使われています。

また、4Bと2Bの鉛筆もあるため、お子さんの成長に合わせてスムーズに鉛筆をステップアップできます。

くもん「こどもえんぴつ」

  • 芯の硬さ:6B
  • 軸の形状:三角軸
  • 長さ:120mm

おすすめポイントは、専用の「もちかたサポーター」があるところです。

鉛筆にサポーターをつけ、指をそえるだけで、正しくえんぴつが握れます。

鉛筆だけだと少し不安という方は、鉛筆とサポーターをセットで使うのがおすすめです。

「うさぎ」と「くるま」のデザインがあり、気分によって使い分けられます。

こどもちゃれんじ「もちやすい!はじめてえんぴつ」

  • 芯の硬さ:6B
  • 軸の形状:三角軸
  • 長さ:150mm

おすすめポイントは、鉛筆に「しまじろう」が描いてあるところです。

しまじろうは、こどもちゃれんじ発のキャラクターで、特に小さな子に人気があります。

ねず
ゆゆゆ

好きなキャラクターと一緒だと、よりやる気がでますよね。

また、鉛筆上部には名前を書く欄もあるため、外出先でも使いたい方におすすめです。

鉛筆削りは付属していないため、別で購入する必要があります。

まとめ

いかがっだたでしょうか?

はじめての鉛筆では、「正しい持ち方」をマスターすることが大切です。

そのためにも、小さな子が持ちやすい鉛筆を使うようにしましょう。

【はじめての鉛筆を選ぶときのポイント】

  • 芯の硬さ:「6B」または「4B」
  • 軸の形状:握ぎりやすい「三角軸」
  • 長さ:持ちやすい「短め」

はじめての鉛筆を選ぶときのお役に立てたら幸いです。

ねず
ゆゆゆ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次